64回東京都パワーリフティング選手権大会 総評(2014年11月2日更新!)

総評

第64回東京都パワーリフティング選手権大会

photo:01

 

ノーギア 一般女子 52kg級 1位
糸井 千都香 選手

S 65 ○ 75 ○ 85 ○ 
B 40 ○ 45 ○ 50 ×
D 80 ○ 85 ○ 90 ○ 
T 220 

糸井選手は毎週土曜日、2時間の三種目トレーニングを続けています。

前回の東京大会が悔しい!強くなりたい!と黙々トレーニングする様になりました。自分でしっかりと考えながらトレーニングする様になったのも成長の秘訣です。

スクワットとデッドリフトは大幅に自己ベストを達成し、3月のジャパンクラシックパワーでは3桁の大台に乗せたいと思います。

photo:02

 

ノーギア 一般女子 84kg級 1位
曲澤 彩香 選手

S 95 ○ 100 ○ 105 ○ 
B 50 ○ 52.5 ○ 57.5 ×
D 95 ○ 105 ○ 115 ○ 
T 272.5 

曲澤選手は千葉県から週に3回、強くなりたい!とTXPに通っています。本当に熱心にトレーニングし、周りのメンバーもモチベーションアップになっています。

スクワットとデッドリフトはしっかりと自己ベストを達成し、今後は日本記録も視野にいれて飛躍的な成長を期待しています。しっかりと体幹を鍛えるのが今後の課題になります。

糸井選手と同様、ジャパンクラシックパワーで全日本初参加になります。頑張りましょう。

photo:03

 

photo:08

 

ノーギア サブJR男子 74kg級 1位
坂本 寛明 選手

S 175 ○ 185 ○ 187.5 × 
B 110 ○ 115 ○ 117.5 × 
D 180 ○ 190 ○ 200 ○ 
T 500 

坂本選手は2013年の高校チャンピオンで、ノーギアで日本一になりたいとTXPに入会しました。

順調に記録を伸ばしていたのですが、大会前に腰を痛めてしまい本人にとって悔しい結果になりました。

ただ、悔しさは強くなるための大切な起爆剤になります。

ジャパンクラシックパワーでしっかりと記録を狙える様に頑張りましょう。

photo:04

 

photo:07

 

ノーギア JR男子 74kg級 1位
波多野 晋太郎 選手

S 120 ○ 130 ○ 140 ○ 
B 65 ○ 70 ○ 75 ○ 
D 140 ○ 155 ○ 170 ○ 
T 385

今大会で1番の成長を見せた波多野選手。

スクワット、ベンチプレスは10kg、デッドリフトは40kgの成長を見せました。

波多野選手の成長の秘訣はしっかりと体幹をやり混んだことにあります。

スクワットなどの高重量を持っていれば体幹を鍛えられるという考えもありますが、私はしっかりと個別に腹直筋、腹横筋、腹斜筋を鍛えるのは非常に大切だと思っています。そうでなければ絶対に300kgなんてしゃがめません。

来年から波多野選手も社会人になります。ここからどうやって記録を伸ばすか、一緒に考えて行きましょう!

photo:06

 

photo:05

 

ノーギア JR男子 93kg級 1位
村岡 勇太朗 選手

S 145 ○ 155 ○ 162.5 ○ 
B 112.5 ○ 117.5 ○ 122.5 ○ 
D 155 ○ 165 ○ 180 ○ 
T 465

大会に向けて非常に真摯に取り組んできた村岡選手。素晴らしい選手宣誓でメンバーのモチベーションを最高に高めてくれました。

しっかりと考えながらトレーニングする様に成長し、質問が1番多いのも村岡選手かもしれません。

最後のデッドリフトも、メンバーが応援にかけつけ素晴らしい一体感の中見事に成功。

波多野選手と同様、来年から社会人になります。ここからどうやって記録を伸ばすか、一緒に考えて行きましょう。

総評 2に続きます。